防犯性の高い鍵を維持するために鍵屋に点検依頼

防犯性を高めたいなら鍵の寿命を把握しておくことが肝

あまり意識することのない鍵の寿命ですが、古い鍵を使い続けていると差した鍵が抜けなくなったり欠けやすくなったりします。

10年が寿命の目安

国内で有名な協会が定めている鍵の耐用年数は、一般の鍵であればメンテナンスを行なった上でおよそ10年と言われています。定期的に摩耗などの点検を行なわれなければ、寿命は更に短くなってしまうので注意が必要です。また、鍵の設置環境や使用頻度によっても耐用年数は変わってきます。

鍵の寿命はどこで判断したらいいですか?
鍵の寿命を知らせるサインとしては、上手く回らなくなったり開閉にコツが要るようになったりするということが挙げられます。シリンダー内部が擦り減ったりゴミや汚れが溜まってきたりすると、綺麗に回らなくなります。鍵は金属なので錆びてしまうと欠けたり折れやすくなったりします。スペアキーでも対処できますが、シリンダー内部の構造も共に古くなっている場合は、鍵全体を交換したほうが良いでしょう。

定期的にメンテナンスをしておきましょう

防犯性がきちんと機能する鍵を維持するためには、定期的にメンテナンスを行なう必要があります。点検は上記の寿命のサインを目安にしても良いのですが、年に1回あるいは気になった際に行なうと良いでしょう。定期的なメンテナンスの頻度は点検よりも期間を短く設定し、3ヶ月に一度といった感じで鍵屋に依頼してシリンダー内部のサビ状態やすり減り具合を確認してもらうのがおすすめです。もし防犯性の高い新しい鍵に交換したいと考えている場合は、メンテナンスの結果を元に業者に取り換え時期と費用などについて相談してみると良いでしょう。

TOPボタン