鍵屋のサービスを利用して家の防犯性をアップ

共働きが増加している今だからこそ防犯性を徹底しよう

家族

様々な犯罪が起こっている現在、子供たちだけで留守番をさせるのは怖いでしょう。しかし、お仕事や用事があると仕方ないですよね。そこで、安心して出かけるために鍵屋に依頼して鍵交換をしてもらうのはいかがでしょうか。近年は防犯性が高い鍵も数多いですから、それに変えれば安心して外出できるでしょう。

ドアチェーンは鍵代わりにならない!

防犯性を高めるものとしてドアチェーンがありますが、それだけでは確実な対策はできません。基本の対策としてきちんと施錠ができる鍵や、開け閉めのできるドアにしておかなければなりません。もし不備があれば万一のときに不審者の侵入を防ぐことが難しくなるからです。家族と自分の身を守れるように、鍵屋で防犯性を考えた鍵を取り付けてもらうことが必要です。防犯性の高い鍵に二重ロックやドアチェーンなどを併せるようにしていくと安心でしょう。

鍵屋は様々な依頼に対応してくれる

鍵屋では鍵の取り付け以外に、防犯性を高めるための様々な関連サービスを受けることができます。基本のサービスとしての鍵交換では不正開錠に強いビッキング対策錠への交換や、ドライバーなどの工具を使った空き巣にも強いディンプルシリンダーへの取り換えを行なっています。そして、防犯性を高めるための補助錠や補助鍵の勝手口や窓への取り付けや、防犯カメラや監視カメラなどの設置も依頼することができます。信頼できる鍵屋に一括でお願いしたほうが、アフターフォローなどのサービスを受ける際も安心でしょう。

ばったり遭遇してしまっては危険!知っておこう泥棒の侵入口

住宅

誰もいないときはまだしも、子供たちだけでいるときに泥棒が侵入したらどうしよう!と心配する親御さんも多いでしょう。少しでも対策できるように侵入口を知っておきましょう。

泥棒は様々なところから侵入してくる

2階ベランダ
塀や置物などを利用して2階のベランダに登り、窓ガラスを割って侵入するケースがあります。ベランダの壁はプライバシーを守るために、部屋内があまり見えないようにデザインされているので注意が必要です。
腰高窓
廊下や勝手口に設けられていることが多いので、室外機などを足場にして蹴り破り侵入できます。1階の部屋だと塀などで隠れるため他から見えにくくなってしまいます。
玄関
ピッキングして侵入するケースが主ですが、門扉がない場合簡単に敷地内に入れます。周囲の塀が目隠しになるので、意外と見逃しやすいと言えます。防犯カメラを設置していることをアピールしたり、監視カメラで録画したりすることが有効です。
吹き出し窓
窓ガラスを割って侵入します。主にクレセントのみで補助錠が付いていないことが多いため、入りやすくなっています。
マンションのベランダ
外階段を使い開放廊下に行き、隣の建物のベランダに飛び移って侵入するケースも珍しくありません。

今、注目を集めている防犯性能が高い鍵とは?

防犯性を高めなければいけないと持っていても、正直どのタイプの鍵を選べば良いのか分からない方も多いでしょう。そこで4つの鍵を紹介します。どれも防犯性が高く、空き巣や泥棒の侵入を未然に防ぐのに最適です。

防犯性能が高い鍵が良いならコレ

ハンズフリータイプ
荷物や小さな子どもを抱えているときに、鞄などから鍵を取り出して開けるのは一苦労かと思います。そんなときはハンズフリータイプの鍵が便利です。リモコンキーに反応して、指先1本で施解錠が行なえるので頼りになります。
暗証番号錠タイプ
鍵を紛失しやすいという人にピッタリです。暗証番号を覚えておけば鍵の持ち歩きをせずに済むため、合鍵を作る必要もありません。ほとんどが電池式なので配線工事が不要です。また、定期的に暗証番号を変更すれば防犯性も高まります。
電子錠タイプ
暗証番号を忘れてしまいそうという人には、指紋認証式の電子錠タイプが良いでしょう。指紋認証部に登録した指紋をかざすだけで施解錠ができます。中には24時間毎にオートロックをしてくれる機種もあるので、締め忘れた際も安心です。
ピッキング防止タイプ
電子錠が現在最新の鍵として知られていますが、操作が簡単なため逆に心配してしまう人もいるかと思います。そんな人にはピッキング防止タイプがおすすめです。鍵といえば通常ギザギザしているものですが、こちらは表面が凹凸になっているのが特徴です。この凹凸によってシリンダー内の構造が複雑になるため、不正解錠を効果的に防ぐことができるのです。
TOPボタン